コーヒーに合うコーヒーカップ

店舗で休憩中にコーヒーカップの色の比較をしました。

まず茶色のセット。基本的にコーヒーの色なので、一番間違いないですね。

使っている釉薬がほぼ同じ所。トーンでメリハリがついていますが、均等についているので落ち着きがあります。

次は白。その中でも重ね付けの下の色が出てくるような薄めのもの。色味というよりはコントラストをはっきり出るので見栄えがいいです。下地の茶、上の白、コーヒーの色に統一感があります。

サンプリングした場所の関係でコーヒーが緑がかっていますが、茶のカップと同様の色味です。色の分量が全く考慮されていないので白のカップの情報としては少々わかりづらいですが、コーヒーを注いだ時に調和するのはわかります。

そして若草色。黄色みが強めに出たものです。よく見ると場所によって緑だったり黄色だったりします。

色味が場所によってまちまちですが、ダルやソフトなど中間のトーンに固まっているのでちぐはぐしたイメージはありません。カップ単体で見るよりコーヒーを注いだほうがぐっと締まってカップ本来の良さが出ると思います。

器を購入するときは、入れたいものを想像しながら選ぶと楽しいかもしれません
(^^)

草餅に合うきな粉色の皿

作業中に小腹がすいたので草餅を食べました。この皿は何となく合うなと思っていたのですが、インスタグラムに書いた通り、やはりきな粉の色に似ているというのが大きい気がします。

左から草餅、釉薬の色、釉薬がかすれている部分、下の地が見えている部分、模様の色です。専門的な事がわからなくてもこのカラースキームを見るだけで統一感があるのがわかります。

カラーホイールで見るとこんな感じ。パッと見て配列されているのがわかります。このホイールだと明るい暗いはわかりませんが、模様と草餅が暗く皿が明るいので主役が引き立ちます。コントラストはそこそこ高いですが、色のトーンがソフト(ダル)なので目にも優しいです。

こちらは別の皿。左が草餅、次2つが模様、その次2つが皿の色です。やはりパッと見て統一感があります

これも配列がきれいです。草餅以外の4つの色は若干の色相や明度の差はあれどほぼ同系色と言っていいと思います。この4色を大きなひと塊とみると草餅と皿はだいたい90度の配列という事になります。
草餅と皿で色の系統が少し似すぎていますが、かろうじて模様の釉薬が明るいのでそれがいいニュアンスカラーになっていると思います。これもよく見るときな粉色ですね(^^;)

草餅ときな粉の相性は最高ですが、味だけではなく色もお似合いですね。

裏5つ編み

毛束を3:2に分けます。5つの毛束と考えるとややこしいので基本は三つ編みプラスαで考えます。

2側のほうの毛束はとりあえず無視して3側を3等分しそれを裏編みします。とりあえず小指で挟んで編む側の毛束と混ざらないようにします。

一番左の毛束が奥側にに行きます。

今度は手前側の2つの毛束をどかして奥側の毛束(一番初めに3:2で分けた2のほう)を2等分すると毛束が3つになるのでそれを裏編みします

そうするとまた手前が3奥が2になるので3のほうを裏編みします。

赤1を緑2の下にくぐらせて青3の上に乗せます。動作としては1と2をひっくり返して中指で受けるだけです。その後また緑2と青3を握ってどかして奥側の毛束で同様に裏編みです。

繰り返します。一番奥の赤1を緑2にくぐらせて・・

赤1を中指に乗せるだけです。慣れてしまえば表編みよりも楽だと思います。

表5つ編み

表5つ編みのやり方です。

まず、毛束を2/3くらいに分けます。毛量はやりやすいところから始めてみましょう。練習中手元が狂って自分が意図していない毛をすくってぐちゃぐちゃしてしまうと結構イライラしてしまうので、必要なところ以外はブロッキングしてしまいましょう。

ちなみに、上にあるコーンロウの編み込みは気にしないでください。ワタシも恥ずかしながらすぐぐちゃぐちゃにしてしまうタイプなので、撮影中やらかさないように通常ゴムやダッカール、ピンなどでとめるところを編み込んでいるだけです。

そして3:2の3側をさらに3等分して1:1:1:2の比率にして、それを三つ編みにします。今回は表編みにしてください。それから、動画の通り外側から編んでください。

一番左側の毛束が右に行きます。

始めに3:2で分けた2のほうの束を2等分し先ほどの一つの毛束と合わせて3つ編みにします。こちらも外側から編んでください。

一通り編みました。あとはこれを繰り返すだけです。ポイントは5つで編まないということです。三つ編みその他でやるとやりやすいです

三つ編み以外の毛束はどかしてしまいましょう。一回編んでしまえば毛束が混ざることは無いので完全に無視していただいても大丈夫です。三つ編みを常に親指、人差し指、中指の3本でやるようにすると、薬指、小指がフリーになっていろいろ仕事をさせやすいです。